【3つのプラン】ソニー サブスクゲームサービス「PS Plus」リニューアル
スポンサーリンク

サブスクゲームサービスをリニューアル

ソニー(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)が、同社が提供しているサブスクゲームサービス「PsPlus」を、2022年6月から大幅にリニューアルすると発表した。

 

リニューアル後の「PS Plus」では、クラウドゲーミングサービス「PS Now」を通じて提供しているサービス内容を、「PS Plus」に統合するようだ。

 

統合後のプラン名は?

統合後の「PsPlus」は下記の3段階のプランになる見通し。

 

プランの名称
「PlayStation Plus Essential」
「PlayStation Plus Extra」
「PlayStation Plus Premium」
スポンサーリンク

各プランの詳細について

各プランの詳細は以下の通り。

 

PlayStation Plus Essential
既存のPS Plusと同様のサービス内容。
「フリープレイ(毎月二つのゲームを追加費用なしでDL可能)」
「加入者限定割引」
「セーブデータお預かり(クラウドストレージ)」
「オンラインマルチプレイ」
価格は、現行のPS Plusと同じ。
(1ヶ月850円(税込)/3ヶ月2,150円(税込)/12ヶ月5,143円(税込))
PlayStation Plus Extra
PS Plus Essentialに含まれるすべてのサービスが利用可能。
Essentialに加え、数百本のPS4およびPS5のタイトルをDLして楽しむことができる。
ラインアップには、PSStudiosや、ソフトウェアメーカー各社のヒット作品も含まれる。
価格は1ヶ月1,300円(税込)/3ヶ月3,600円(税込)/12ヶ月8,600円(税込)
PlayStation Plus Premium
PS Plus Essentialならびに、PS Plus Extraに含まれるすべてのサービスが利用可能。
さらに、「PS3タイトル(クラウドストリーミングを通じてプレイ可能)」
「初代PS、PS2およびPSPのクラシックタイトル(クラウドストリーミングおよびダウンロードを通じてプレイ可能)を含む、最大240本のタイトルを追加でプレイすることができる。
1ヶ月1,550円(税込)/3ヶ月4,300円(税込)/12ヶ月10,250円(税込)

クラウドストリーミングを出来ない国や地域は?

クラウドストリーミングを利用できない国や地域においては、「Ps Plus Premium」より低価格な「PlayStation Plus Deluxe」を提供するようだ。

 

「PS Plus Essential」および「PS Plus Extra」に含まれるすべてのサービスや、ゲームトライアル(プレイ時間に制限アリ)を利用できるほか、一部の初代PS、PS2、PSPのクラシックタイトルをDLしてプレイすることが可能になるようだ。

スポンサーリンク

まとめ(ネット上の声)

  • 結局はソフトのラインナップやサービス内容、競合のエンタメサービスの動き次第では苦労しそう。

 

  • 初代PS・PS2作品を遊びたい人って、おそらくそれなりの年齢層だし、ガチ勢じゃない場合が多いと思うのに、フルスペックのプランにされてもな。

 

  • 現行のPSPlusにあたるEssentialプランは価格もサービス内容も変わらず 毎月のフリープレイも提供されるようなのでとりあえずはそれでいいかな。

 

  • 今までも分かりにくかったのに、変更でさらに分かりにくい。直感的に分かる名前にしなよ。

 

  • ぱっと見てどれが一番良いプランか分かりにくいところが致命的。

 

  • XBOXに対して競争力のある価格を出してくるかと思ったら期待外れ。

 

  • 取り敢えず様子見で。クラウドゲーミングは環境依存する感じなので、正直判断に困る。

 

ネット上のコメントでもありましたが、「ぱっと見てどれが一番いいプランか分かりにくい」ですよね。もう少し分かりやすいプラン名は無かったのかなと思います。

 

今回のリニューアルは、「PsNowがあまり評判が良くなかった」から、そっちを刷新した感じが強いですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事