オンライン資格確認 補助金申請はいつまで??また必要なものは??
スポンサーリンク

請は令和3年3月末まで

医療事務の方はご存じの方はいると思いますが、 令和3年3月からオンラインでの資格確認が始まります。

今回は、この「オンライン資格確認」について調べてみました。

 

オンライン資格確認とは

簡単にいうと、「マイナンバーカードが保険証として利用できるようになる」

という考えてOKです。

 

このオンライン資格確認なかなか導入予定の医療機関が少ないようでして、

政府が補助金を大幅に拡充することが決まりました。

 

なぜ政府が補助金を大幅に拡充するのかというと、「オンライン資格確認」は

政府のデジタル社会構築に向けた重要な基盤と位置付けているからです。

 

そのため、早期に医療機関や薬局へ導入してもらうために、

補助金の大幅な拡充を行ったようですね。

 

早期申し込みは補助額が2倍になるので、はやめに導入をするべきと考えます。

 

スポンサーリンク

ステムを導入するメリット

導入するメリットとしては、まずレセプト返戻の減少や事務作業の効率化 が挙げられます。

 

返戻レセプトの減少

レセプトの返戻処理って意外と大変なんですよね。

 

特に資格過誤のレセプト返戻になると、返戻レセに正しい保険証の記号番号等を

記載して 返戻されてればいいのですが、記載がない場合、本人に聞くしか手段がありません。

 

特に精神科の場合は、会社には聞けませんからね。

本人に電話が繋がらなかったら、そこでほぼ詰んじゃいますからね。

 

事務作業の効率化

マイナンバーカードの場合のみですが、配備してあるレセコンと連携することにより

、保険資格情報を レセコンに自動的に取り込むことが出来るようになるようです。

 

また、従来の保険証でも支払基金等にオンラインでアクセスし、

そこに記号番号等を入力することで、 保険証の有効期限が切れていないか

確認が出来るようになるようです。

このように、このシステムを導入すれば、資格過誤によるレセプトの返戻が減少し、

保険証情報を入力する必要も無くなり、結果的に事務作業の効率化に繋がるというわけです。

 

医療事務って病院によると思うんですが、結構雑用が多いんですよねw

 

これって医療事務の仕事じゃなくない!?って思うこともしなければならないので

やることがめっちゃ増えるんですよね。

 

私の職場ではこのシステムを導入する予定ですので、

事務作業の効率化に繋がればいいなと 思っております。

 

薬剤情報等が閲覧可能に

こちらはマイナンバーカードのみで、さらに患者の同意が必要ですが、

薬剤情報や特定検診情報を閲覧出来るようになります。

 

薬剤情報はかなりデリケートな情報となるので、マイナンバーカードで確実な

本人確認を行った場合しか閲覧出来ないようになるようですね。

 

しかし、災害時に限りマイナンバーカードが無くても閲覧が出来るようになるようです。

地震や洪水が発生し、患者本人が薬を持参出来なかった場合は、

 

主治医等に正確に 今服用しているお薬の情報を伝えることは難しいと思います。

 

そういった際でも、このシステムを導入することで服用情報に基づいた

診療が可能になるというわけです。

 

導入には何がいるの??

導入の際には次に挙げる物が必要です。

導入に必要なもの
顔認証付きのカードリーダー
パソコン(ノート可)
ネット環境
レセコンのシステム改修

 

 2021年3月末までに「顔認証付きのカードリーダー”申し込んだ”」医療機関や薬局に限り、 補助金の支給の上限が190万になるようです。 ”申し込んだ”なので2021年の3月末までに導入しなければならない訳ではないのでそこは 安心してください。

 

病院診療所

カードリーダー

提供台数

3台まで無償提供1台無償提供
その他の補助金内容

190万を上限

42万円を上限
その他費用の内訳
①オンライン資格確認に使用するPC
②ネットワーク環境の整備費用
③レセコンや電子カルテとの連携費用
スポンサーリンク

まとめ

今回は令和3年3月からはじまるオンライン資格認証について記事にさせて頂きました。

 

私は、今回のこのオンライン資格確認システムですが、

 

マイナンバーカードによる資格認証にははっきりいって期待していません。

 

というのもマイナンバーカード自体普及率がかなり低いからです。

ましてや、精神科となると普及率はさらに低くなると考えます。

 

ちなみに、9月1日時点のマイナンバーカード交付枚数は2,469万3,970件で

普及率は19.4%となっております。

 

こんなんじゃとても「マイナンバー資格確認」をメインでは使えませんw

 

ですが、従来の保険証でも支払基金にアクセスして確認自体は出来るので

私はその部分に期待しています。

 

ですが、従来の保険証での資格確認でのチェックとなると、

カードリーダーでの読み取りと比べてかなり効率が悪いと思います。

 

なぜかというと、該当患者の記号番号等を手打ちで入力しないといけないからです。

 

それでも、リアルタイムで現在の資格を確認出来るというのはかなり強力な

ツールになりえるのかなと考えます。

 

今回は以上です。ではでは!!

スポンサーリンク
おすすめの記事