【iPhone】ios15.4 アップデート後のバッテリー消費が早い問題について
スポンサーリンク

ッテリーの消費が早い??

ios15.4のアップデート後に、ユーザーから「バッテリーの減りが早くなった」といった報告が相次いでいるようだ。

 

システムの不具合によりバッテリーの減りが早くなる現象を「バッテリードレイン」と言うらしい。

 

 

俗に言う「バッテリードレイン」という現象は、システムの不具合によってバッテリーの減りが著しく早くなる症状です。

原因は一定ではありませんが、新機能の実装によってiPhone内部で過剰な働きが起こっている為、時には1時間で数十%もバッテリーが減ってしまうということもあり得ます。

対策としてはiOSのバージョンを変えるという方法があります。

具体的な対策➀

「5G通信を無効化する」

  1. iPhoneの「設定」をタップ
  2. 「モバイル通信」を選択する
  3. 「通信オプション」を選択する
  4. 「音声通話とデータ」を選択する
  5. 「5G➡4G」へ変更する

※5G対応機種は、iPhone12以降が該当するようだ。

 

 

具体的な対策➁

  • 視差効果オフにする
  • データローミングのオフにする
  • 不要なiCloud同期のオフにする
  • 不要なAppバックグラウンド更新をオフにする
  • 画面の明るさの自動調節をオフ

上記の設定はバッテリーの消耗を軽減する為の措置であるため、使用しているiPhoneの設定により効果は異なる。

 

個人的な感想になるが、「画面の明るさの自動調整をオフ」が一番効果を実感できた。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

アップル側からの発表によると、iPhoneにOSのアップデートをすると、システムを最適化するために

 

多くのバックグラウンド処理が行われるようです。

 

 

このバックグラウンド処理は、数日続く事があるようです。

 

個人的な感想になってしまいますが、基本的にはOSのアップデートは、すぐにやる必要は無いと考えます。

 

新しい機能を使ってみたい気持ちは分かりますが、急ぐ必要は無いのでは??と思いますね。

 

短い記事ですが、以上です。 ではでは!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事