ジェームズボンドで人気 ショーンコネリーさん逝く
スポンサーリンク

ショーン・コネリーさん90歳で生涯を閉じる

ショーン・コネリーさんが90歳で亡くなったと家族が発表しました。

スコットランドの出身の彼は、「ジェームズ・ボンド」の役で最もよく知られていると思います。

ショーンさんは「しばらくの間体調を崩していた」とのことで、滞在先のバハマで安らかに亡くなったとのことです。

ショーンさんのキャリアは70年に及び1988年には「アンタッチャブルズ」でアカデミー賞を受賞しました。

日本でいう家族葬は計画されているものの、追悼式は新型コロナの関係でまだ計画されていないようです。

彼の出演した007について

ショーン・コネリーさんは、1962年の「ドクター・ノー」で初めてジェームズ・ボンドを演じ、

他には下記の作品に出演しています。

  • 1963 ロシアより愛をこめて
  • 1964 ゴールドフィンガー
  • 1965 サンダーボール作戦
  • 1967 007は二度死ぬ
  • 1971 ダイヤモンドは永遠に
  • 1983 ネバーセイ・ネバーアゲイン
  • 1986 薔薇の名前
  • 1987 アンタッチャブル
  • 1989 インディ・ジョーンズ/最後の聖戦
  • 1990 レッド・オクトーバーを追え!
  • 1993 ライジング・サン
スポンサーリンク

映画は初めは評価されていなかった?

ショーンさんは「ジェームズ・ボンド」というキャラクターを自分のものにし、冷酷さと皮肉さをうまく融合させました。ですが多くの批評家はこの作品を好まなかったようです。

ですが、今では彼の演じた「ジェームズ・ボンド」は博物館が出来るほどの人気になっています。

また、彼は007を演じた中で最も優れた俳優であると評価されております。

 

2000年には、エリザベス女王からナイト爵を授与されました。そして、今年8月には90歳の誕生日を迎えたばかりでした。

ボンドのプロデューサーであるマイケル・G・ウィルソンさんとバーバラ・ブロッコリさんは、

彼の死のニュースに「打ちのめされた」と語っています。

現ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグは「映画界の偉大なひとりだ」だと語ったそうです。

まとめ

私が初めて見た海外映画は007でした。

まだ小学生低学年の頃でしたが、亡くなった祖父が映画好きでたまたま見た映画が

このショーン・コネリーさんの演じる007でした。

それから海外映画にはまってアクション映画を好んで見るようになりましたね。

好んでというか、アクションシーンしか理解できなかったからだと思います(笑)

 

 

あとは、任天堂64の「ゴールデンアイ」も友達と集まって相当やりこみました。

トイレにリモート爆弾を仕込んでめっちゃ遊んだなー。

 

 

今のダニエル・クレイグさんの演じるボンドも大好きですが、やはり「初代」には

敵わないと個人的には思いました。(思い出補正もあるかもですが)

 

機会があればまたショーンさんの007を見てみようと思います。

 

ショーンさんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事